「全日展」ねつ造問題、「私が書きました」と前会長謝罪

印刷

   文化庁後援の公募展「全日展」で知事賞の受賞者が架空の人物だった問題で、主催する全日展書法会前会長の龍源斎大峰氏が2014年2月28日、文化庁を訪れ「私が書きました」とねつ造を認め、謝罪した。

   ねつ造した理由は、応募作品がないと翌年からの知事賞がなくなることを危惧し、「書道の振興のためだった」と説明している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中