2018年 7月 21日 (土)

太陽光発電の買い取り価格、14年度は税抜き32円に値下げへ

印刷

   太陽光発電などの買い取り価格を決める経済産業省の調達価格等算定委員会は、太陽光発電の価格を最も発電量の多い企業向けで1キロワット時あたり32円(税別)とする案を、2014年3月7日に示した。税込みでは34.56円となり、13年度の36円から4円引き下げる。4月1日からの新しい買い取り価格となる見込み。

   太陽光パネルの性能向上や値下がりを反映した。

   一方、風力発電のうち、海に風車を置く「洋上風力発電」の価格を新設し、風力一般の価格22円から36円に引き上げる。太陽光発電から他の再生可能エネルギーへのシフトを促し、再生エネの発電施設の大半が太陽光に集中する現状を是正する狙いがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中