2020年 10月 31日 (土)

有名受験予備校を名指しで「つぶれろ!」 茂木健一郎氏の偏差値入試批判がネットで物議

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   脳科学者の茂木健一郎さん(51)がツイッター上で大学受験予備校を名指しで批判している。

   各予備校が公表する「学力偏差値」、これに重きを置く日本の入試や受験産業を問題視したためで、2014年3月8日以降「偏差値を計算する、くされ外道予備校ども、みんなつぶれろ!」などと息巻き、インターネット上で議論を呼んでいる。

「悪の帝国どもが!」と怒り心頭

茂木健一郎さんのツイートが波紋を広げている
茂木健一郎さんのツイートが波紋を広げている
「っていうか、偏差値とか勝手に計算しやがっている、予備校って、社会に害悪しかもたらさない存在だから、マジでつぶそうぜ。ふざけやがって。お前らが勝手に計算している『偏差値』とかやらで、どれだけ多くの18歳が傷ついていると思っているんだ、このクソ野郎どもが」

   茂木さんは8日、怒り交じりにツイートした。発言に至った詳しい経緯は分からないが、この日「よろこびと創造」とのテーマで出演した関東学院大学の講演会で、学生たちとの会話を通じて思うところがあったらしい。

   ツイートはさらに続き、「明日、駿台、河合塾、代ゼミ、東進がこの世から消えたって、誰もこまらないじゃん。なくなっちまえよ。何が、偏差値だ。教育者ぶるな。悪の帝国どもが!」、「つぶれろ、駿台、つぶれろ、代ゼミ、つぶれろ、河合塾、つぶれろ、東進ハイスクール、つぶれろ、ありとあらゆる、偏差値を計算する、くされ外道予備校ども、みんなつぶれろ!」などと大手予備校を名指しで罵った。

   学力偏差値は筆記試験を重視する日本の大学入試では広く使われている。統計学の手法に基づいた指標で、現在では大手予備校が模擬試験のデータをもとに学部、学科の偏差値を割り出し、難易度ランキングなどとして紹介している。受験生はこれを志望校選びの目安にして、合格可能性の確認に役立てている。

   しかし、偏差値だけが重視されるようになると弊害も出てくる。大学が「難易度」の視点でばかり評価されるようになり、受験生が偏差値ランクで大学を決めれば個々の持つ才能を伸ばす機会も失われかねない。茂木さんは「学びの本質が何なのか、全く判っていないやつらが教育界、受験界を牛耳っている」として、筆記試験の単一基準による偏差値入試を問題視。翌9日にはエッセイや受賞歴なども評価する米ハーバード大学の入試システムに言及した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中