クリミア議会が独立宣言 ロシア編入の住民投票へ

印刷

   ロシア軍が駐留し続けているウクライナ南部クリミア半島のクリミア自治共和国議会は2014年4月11日、独立を宣言したことが分かった。

   報道によると、独立国家として、ロシア編入を問う住民投票を16日に行う目的があるとみられている。ロシア外務省はこの日、独立宣言を合法と認めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中