2018年 7月 21日 (土)

マレーシア機不明、ハイジャックの可能性も

印刷

   2014年3月8日に南シナ海上で消息を絶った、マレーシアのクアラルンプール発北京行きのマレーシア航空370便について、マレーシアのナジブ首相は3月15日の記者会見で、搭乗していた何者かが故意に通信装置を切って進路変更し、その後6時間以上飛行を続けていた可能性があると明かした。衛星データの分析の結果、同機がタイ北部からトルクメニスタン、カザフスタン国境の中央アジア方面か、インドネシアからインド洋南部のどちらかに向かった可能性があることもわかったという。

   ナジブ首相は「あらゆる可能性を調べている」と述べ、ハイジャックされたおそれも視野に入れて調査を進めていることを示唆した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中