2018年 7月 21日 (土)

猪瀬直樹前都知事を特捜部が立件へと各紙報じる

印刷

   猪瀬直樹前東京都知事(67)が徳洲会から5000万円を受け取っていた問題で、東京地検特捜部が猪瀬前知事を公選法違反(収支報告書の虚偽記入)の罪で在宅のまま略式起訴する方針だと、新聞各紙が2014年3月25日報じた。

   12年12月の知事選前に受け取っていたお金について、猪瀬前知事は、これまで「個人的に借りた」などと釈明していた。しかし、報道によると、特捜部は関係者の話などから選挙資金だったと判断したという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中