2019年 9月 23日 (月)

橋下徹大阪市長に見る目なかった? 公募区長4人が次々降格や退職

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   大阪市が24区で公募した区長のうち4人が、2014年4月までに降格や退職になる事態になった。セクハラなどの不祥事が相次いでおり、音頭を取った橋下徹市長の責任を問う声も強まっている。

   「人間だれでも失敗はある」。橋下徹市長は、2013年9月に東成区長のセクハラ疑惑が発覚したとき、こう発言していた。

「適任者を選ぶことができなかった」

人を見る目があるのか
人を見る目があるのか

   しかし、出直し選が近づいた14年2月6日になって、橋下氏は、急に自らの任命責任を認めた。報道によると、公募区長について、「適任者を選ぶことができなかった」として、複数の区長を更迭する方針を示した。

   そして、再選後の3月25日、大阪市は、東成区と鶴見区の区長2人を降格する人事を発表した。2人とも、4月1日付で新設される区政支援室の部長級ポストに就く。これで、約1400万円の年収が1000万円ほどになるという。

   さらに、北区の区長が2月末で退職し、城東区の区長も3月末で退職することになった。報道では、2人とも橋下市長が区政運営に問題があるとして更迭を考えていたとされている。しかし、2人は、自己都合退職であることを強調している。

   とはいえ、4人は、任期を16年3月末まで残して、わずか1年半で区長を去ることになった。1年前には、東住吉区の区長が経歴詐称問題などから分限免職になっており、これで24区のうち5区、公募市長の約5分の1がいなくなった計算になる。

   4人の後任としては、市の職員が区長を務めることになった。

   公募区長については、民間の感覚で市政を変える狙いがあるとされた。しかし、公募校長も含めて、就任後から不祥事が跡を絶たなかった。

   報道によると、東成区長(55)は、部下の女性職員に対して、背中やお腹を長時間触ったり、自宅近くで「僕のマンション。来るなら片付けておいたのに」と言ったりしたことが発覚した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中