2022年 5月 26日 (木)

アルビレックス新潟サポーター「応援旗」にクレーム? Jリーグで「旭日旗」応援はいけないのか

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   サッカーJリーグ・アルビレックス新潟のサポーターが応援旗について、「クラブ側からクレームが入った」とつぶやいたのが話題になっている。

   アルビレックス新潟のチームカラーを用いた、青地にオレンジ色の太陽をモチーフに新潟県の地図を配し、「闘志」の文字が入った応援旗だが、そのデザインが旭日旗のように見えるという。

「普通に良い応援旗だと思いますが…」

「旭日旗」に見える応援旗がツイッターで話題に…
「旭日旗」に見える応援旗がツイッターで話題に…

   アルビレックス新潟のサポーターはツイッターで、「おれの旗のデザインについてクラブ側からクレームが入った。別に政治的な意図なんて全然無いし、ただデザインとして使ってるだけなのに!もしかして浦和の件が絡んでクラブも慎重になってるのか??」と、つぶやいた。

   これは、2014年3月23日にアルビレックス新潟のホーム、デンカビッグスワンスタジアムでの対サガン鳥栖戦でのこと。応援旗をつくったとみられるサポーターは、「ホーム開幕戦のときは何も言われなかったから、やっぱ浦和の件で厳しくなってるのかなと思う!」とコメント。

   これに他のサポーターらが、

「普通に良い応援旗だと思いますが…」
「どこのクラブも差別的なものにピリピリしてるから仕方ないよ。今回もアルビからフラッグへのチェックが入ってるんだろうなー的な感じは試合前の応援中にわかったよ」
「自主規制も度を越していますね。よほど政治家や右派系専門家の発言の方が問題なのに。方向性が違って来ている。これでは差別がなくなるどころか、いびつになるだけ」

といった声を寄せている。

   「デザイン気に入ってたのに… まさかこんな形でクラブと直接関わることになるとは」と、応援旗をつくったサポーターはいう。

   たしかに、差別的な横断幕が掲げられた3月8日の浦和レッズ対サガン鳥栖戦(埼玉スタジアム2002)以降、アルビレックス新潟に限らず、クラブ側が応援旗や垂れ幕に神経質になっていることはあるのかもしれない。

   この件について、アルビレックス新潟は「(この応援旗については)他のサポーターから指摘があり、警備スタッフが(応援旗をつくったサポーターと)話をさせていただきました。ただ、クレームをつけたとか、旗を降ろしてほしいということではありません。(警備スタッフの)話し方から、そう受け取られたのであれば、少し誤解があったのかなと思っています」と説明する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中