2019年 6月 18日 (火)

ワタミ社員「裁判傍聴席を占領?」騒動 渡辺美樹氏はフェイスブックで「否定」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   大手居酒屋チェーン「和民」に勤務していた女性が過労から入社2か月で自殺し、遺族が親会社「ワタミ」と当時社長だった渡辺美樹参院議員を相手取り裁判を起こし、継続中だ。第2回口頭弁論が開かれた東京地裁で、トラブルがあった。

   原告側や、裁判所を訪れた傍聴希望者から、開廷前から大勢のワタミの社員が押しかけて法廷入口をふさぎ、入廷と同時に一斉に中に入り傍聴席を「占拠」したとの報告がインターネット上に寄せられたのだ。

「傍聴席約50の大半をワタミ社員が占有」の報告

初出廷となった渡辺議員(2013年5月撮影)
初出廷となった渡辺議員(2013年5月撮影)

   2014年3月27日の法廷には、第1回口頭弁論を欠席した渡辺議員が初めて顔を見せた。それが影響したのだろうか、開廷前から原告側と被告側で「もめごと」が起きていたとの報告が寄せられた。

   原告を支援する東京東部労働組合はブログに、傍聴席を巡ってのてん末を書いている。13時30分の開廷前、法廷の入口付近には「ワタミの社員」が大勢いて「遺族側支援者らの入場を妨害」したという。ドアが開くと傍聴席を「一時占領」したため、抗議の声が次々と上がったそうだ。その後「裁判所の仲介で原告・被告双方の弁護士が呼びかけてワタミ側社員の多くは退席した」と説明している。

   ツイッターにも、東京地裁へ傍聴に訪れたという人たちから騒ぎの模様が投稿された。労働問題を専門とするNPO法人「POSSE」の複数のスタッフは、現場の様子として「ワタミ裁判傍聴しようとしたら、ワタミが管理職を動員して傍聴席を占領」「傍聴席をワタミ職員が埋めるという異常事態。一般の傍聴者が座れない、入れない」と実況。小説家の水市恵氏も、「傍聴席約50の大半をワタミ社員が占有していて、マスコミの方や市民が入れず揉めました。社員の何割かが渋々退出して決着。私は結局入れませんでした」とツイートした。3月28日付の毎日新聞電子版は、「ワタミ関係者が傍聴席の最前列を埋めるように座ったため、遺族の支援者らが抗議」と報じている。

   渡辺議員は3月28日付のフェイスブックでこの騒動に触れ「原告、被告双方傍聴希望が多数あり、双方弁護士がその場で協議し……原告側支援者が過半数の傍聴席で裁判が行われたのが『事実』です」と説明。さらに、こう訴えた。

「被告とされると、とかくすべてを否定されてしまいます。一方的な声にかき消され『事実』が正しく伝わらないことがあります。何卒『事実』を正しくご理解頂ければ幸いです」

   傍聴席を巡るトラブルが起きたとする点は、暗に否定した格好だ。一方で、傍聴希望者に「ワタミ社員」がいたかどうかは一切書いていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中