習主席「南京事件の犠牲者30万人以上」発言へ抗議 菅長官「極めて非生産的だ」

印刷

   中国の習近平国家主席による「南京事件の犠牲者30万人以上」発言に対し、日本政府は抗議した。2014年3月30日、菅義偉官房長官が明らかにした。習主席発言は、訪問先のドイツでの講演であった。菅長官は「日本政府も、南京における旧日本軍の殺傷や略奪などを否定していない」としたうえで、犠牲者数などについては「さまざまな意見が分かれている」と指摘、習主席発言が第三国でなされたことについて「極めて非生産的だ」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中