国内メーカーのスマホ出荷減少 前年同月比38.3%

印刷

   電子情報技術産業協会(JEITA)と情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)は2014年4月8日、国内メーカー携帯電話の2月の出荷台数を発表した。137万6000台で前年同月比59.5%だった。そのうちスマートフォンが52万6000台を占め、前年同月比38.3%となった。減少した主な要因を「前年が各キャリアのスマートフォン春モデルの発売が2月に集中していたことに対して、今年は春モデルの発売月が分散した」と分析している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中