2021年 5月 14日 (金)

「消せるボールペン」の悪用がめだっている! 公文書偽造、勤務表に請求書「水増し」着服

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   何度も書いては消せて、痕跡が残らないことをいいことに、「消せるボールペン」を悪用した不正が後を絶たない。

   製造・販売するパイロットコーポレーションは、「証書類や宛名書きには使用できない」ことを商品に明記。「便利なものなので、正しく使ってほしい」と、用途の徹底を呼びかけている。

世界で9億2000万本を販売する大ヒット商品!

「消せるボールペン」は世界で9億本超も売れるヒット商品!(画像は、「パイロットコーポレーション」のホームページ)
「消せるボールペン」は世界で9億本超も売れるヒット商品!(画像は、「パイロットコーポレーション」のホームページ)

   パイロットコーポレーションによると、消せるボールペン「フリクションボール」に使われている「フリクションインキ」は、消色温度(60度以上)が設定されているため、筆跡をボディ後部の専用ラバーで擦ることで生じる摩擦熱によってインクが無色に変わる。

   修正液などを使えば、その痕跡が残るのでわかるが、消せるボールペンの場合は消しカスが出ず、鉛筆やシャープペンシルの消し跡に比べて消し残りも少なく、何度も書いたり消したりできるのが特徴。修正した痕跡も残らないという。

   2006年に欧州、翌年に国内で発売を開始。13年末時点で、世界で9億2000万本が販売された大ヒット商品。同社は、「書き心地や使い勝手のよさはボールペン。用途は鉛筆やシャープペンシルに近いです」と話している。

   そうした中で、消せるボールペンを悪用した不正が後を絶たない。

   2010年8月、奈良県警が車検合格後に申請書の車体番号を書き換え、合格していないクルマの車検証の交付を受けたとして、自動車板金業者らを道路運送車両法違反の容疑で逮捕。12年8月には大阪府警の男性巡査部長が「消せるボールペン」で調書を作成したうえ、容疑者が署名押印した後に勝手に書き直して改ざんしたとして、虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで巡査部長を書類送検し、減給10分の1(6か月)の懲戒処分とした。

   三重県津市では13年5月、学校給食協会の臨時職員の女がパンや米飯代の請求金額を「消せるボールペン」で不正に水増しするという手口で約4200万円を着服し、詐欺容疑で逮捕された。同9月には茨城県土浦市消防本部で、時間外勤務手当約70万円を不正受給したとして、男性主任が懲戒免職に。給与担当だった男性は「消せるボールペン」で勤務管理表を書いて上司の決裁を受け、市人事課に持って行く途中に時間を書き換えて水増ししていたという。

   どれもその場しのぎの、決して「巧妙」とは言えない手口のように思えるが、パイロットは「(ふつうのボールペンと)筆跡に違いがないので、一見しただけではどちらで書いたものか判断しづらいでしょう」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中