2018年 7月 19日 (木)

シャープが再増資を検討 年内に判断か

印刷

   経営再建中のシャープは、新株を発行して広く投資家から資金を集める公募増資を含む、資本増強について検討していることがわかった。2014年4月14日付の朝日新聞デジタルによると、液晶パネルを生産する主力の亀山工場(三重県亀山市)の構造改革を進めて業績回復への道筋をつけたうえで、年度内の実施をめざすという。

   調達額は2000億円規模になる可能性がある。再度の増資で自己資本比率を高めて経営の安定化を図る。

   シャープは「資本増強については、さまざまな検討を行っておりますが具体的に決まったものはありません」とのコメントを、同日発表している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中