女子高生がプロレス技かける横浜のJKリフレ摘発 労基法違反の疑い

印刷

   個室で接客する「JK(女子高生)リフレ」で本当に女子高生を雇ったとして、横浜市内にある「横浜リフレ学園レインボーカラー」を経営する男(36)が労基法違反(危険有害業務の就業制限)の疑いで2014年4月18日までに神奈川県警に逮捕されたことが分かった。

   報道によると、男は、容疑を一部否認している。この店では13年9、10月、18歳未満であることを知りながら、横浜市内の高校2年女子生徒(16)らに男性客を相手にプロレス技をかけるなどの接客をさせた疑いが持たれている。店で一番人気だったのが「首4の字固め」で、5秒間で2000円の料金を取っていた。店は13年5月にオープンし、16~18歳の20人が働き、これまで約1500万円の売り上げがあったという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中