韓国旅客船からメール「すべて偽物だった」 沈没船からそもそも電波は届かない

印刷

   韓国の旅客船事故で、行方不明者の家族らが沈没後に乗客から来たとしたメールは、警察の調べですべて偽物だと分かったと、韓国メディアが報じた。偽メールを流した目的については、ネット上で様々な憶測が出ている。

   「船にはまだ人がいて、周りは真っ暗。泣いている人もいる。私はまだ生きている。生存者が4人いる。早く私たちを助けて!」。報道によると、ある家族は、沈没後の2014年4月16日深夜、娘から知人にこんな携帯電話のショートメールが届いたと訴えた。

いたずらか、救助急がせる目的か…

沈没船内からは無理?
沈没船内からは無理?

   さらに、別の家族にも、メールなどが届いたとの情報が出回った。食堂横の客室に6人でいるので早く助けてくださいといった内容や、70人の生存者の名前が書かれたものもあったという。ラインに似た「カカオトーク」のメッセージもいくつか出回った、とも報じられている。

   ところが、韓国の警察は17日、これらはすべて偽メールだとする調査結果を発表した。発信元が確認できなかったり、名前が乗船者名簿になかったりしたことから、行方不明者全員の携帯電話について、その利用記録を照会した。すると、沈没した16日正午以降に発信された記録が残っていなかったというのだ。

   偽メールの意図について、日本のネット上では、いくつかの推測が出た。家族の関係者が救助活動を急がせようとして送ったのではないか、というのが1つの見方だ。また、本当は生存者がいるのに、偽メールと決めつけて救助の遅れを批判されないようにしているのでは、といった極端な憶測もあった。

   報道によると、韓国警察のその後の調べで、発信元がいくつか分かった。生存者4人の偽情報を流したのは、ソウル市内の小学5年生だった。また、あるカカオトークのメッセージは、京畿道の男性がでっち上げたという。

   ただ、その目的は、悪ふざけのいたずらなのか、早く救助してほしいという気持ちからなのかなど、はっきりしたことはまだ報じられていない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中