「こころ」連載開始から100年 米国ではシンポジウムも

印刷

   夏目漱石の代表作「こころ」の連載が朝日新聞紙上で始まってから2014年4月20日でちょうど100年を迎えた。これに先立つ4月18日には米ミシガン大学で「漱石の多様性」をテーマにしたシンポジウムが3日間の日程で始まった。

   4月20日の朝日新聞紙面では、ノーベル賞作家の大江健三郎氏の長文インタビューを「漱石が生きた『明治の精神』」と題して掲載。当時の連載の再録も始まった。4月21日以降は月~金曜日のオピニオン面に掲載される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中