2018年 7月 22日 (日)

小保方氏、不服申し立ての追加資料を提出 さらに2週間の猶予求める

印刷

   STAP細胞論文問題で、小保方晴子氏(30)の代理人弁護士が2014年4月20日、理研に不服申し立ての追加資料を提出したことが分かった。新聞各紙が21日に報じた。

   報道によると、コピペしたとされた実験画像について弁護団が小保方氏から聞き取った陳述書を追加で提出した。小保方氏側はさらに資料を提出したいとしており、入院中などを理由に2週間の猶予を求めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中