サムスン入社試験に約10万人が殺到

印刷

   韓国のサムスングループが2014年4月13日、新入社員採用のための筆記試験を実施し、約10万人が受験した。韓国・ソウルなど計85か所の会場で試験が行われ、海外ではニューヨークやロサンゼルス、カナダのトロントにも会場が設けられた。15日の中央日報によると試験の難易度が以前よりはるかに高くなり、韓国史や近現代史・世界史の問題のほか、新たに空間認知能力を問う出題もあった。一回の筆記試験で応募者を絞り込むためだという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中