ピーチ、6月までに448便欠航 病欠で機長が不足

印刷

   格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは2014年4月24日、5月19日から6月30日にかけて計448便を欠航すると発表した。機長の病欠が相次いだり、想定よりも採用が進んでいないことが原因。

   このまま機長の確保が進まない場合、夏ダイヤが終わる10月25日までに最大2088便が欠航し、約2万6000人に影響する可能性がある。

   LCCの相次ぐ就航にともなう競争激化で、航空業界では機長不足が慢性化している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中