2021年 10月 18日 (月)

王子HDがニュージーランドの紙事業買収 なぜ「産業革新機構」が後押しする?

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   国内大手の製紙会社、王子ホールディングス(HD)がニュージーランド(NZ)の製紙・製材大手「カーター・ホルト・ハーベイ(CHH)」からパルプや板紙などの事業を買収する。

   なぜNZの会社かというと、同国が世界的に限られた地域でしか供給できない針葉樹の宝庫で、これを原料とした紙パルプを確保することで、成長著しいアジア向け販売を強化し、収益増につなげるのが狙い。国内需要は頭打ちで、海外に活路を見いだそうという素材産業の生き残り策というわけだ。

針葉樹パルプを原料とした段ボール原紙は強度に優れる

紙パルプ確保を狙う(画像は「王子ホールディングス」サイト)
紙パルプ確保を狙う(画像は「王子ホールディングス」サイト)

   今回の買収は官民ファンドの産業革新機構と共同で実施するというのが大きな特徴だ。「落ち目」の産業を官の力で後押し、という構図になっている。

   買収額は10億3700万NZドル(約910億円)。革新機構は3億6300万NZドル(約320億円)を上限に出資し、王子HDが残りを出資する。2014年度中に手続きを完了する予定で、株式取得後の出資比率は王子HDが議決権ベースで60%、革新機構が40%となる。

   CHHは、NZやオーストラリアを拠点に、針葉樹を原料としたパルプや段ボール原紙の製造販売などを手掛けている。広葉樹パルプや古紙に比べると、針葉樹パルプを原料とした段ボール原紙は強度に優れており、傷が付きやすい果物や医薬品などを運ぶ際の活用に適しているとされる。急速に経済的発展を遂げるアジアを中心に強度が優れた段ボール需要は高まるとみられるが、針葉樹パルプが供給できるのは、北米やスカンジナビア、NZなど世界的にも限定された地域だけだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中