2020年 12月 4日 (金)

「観客のせきで集中力がそがれてしまった」 キース・ジャレットさん、コンサート中に何度も演奏中断

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   2014年5月3日、大阪市北区のフェスティバルホールでコンサートを行ったジャズピアニストのキース・ジャレットさんはステージ中数回に渡って演奏を中断し、そのまま退場した。

   理由は観客のせきなどによって集中力がそがれてしまったためだという。コンサート終了後も30人ほどの観客が会場に残って抗議をする事態となった。

一部観客は深夜2時ごろまで会場に残って抗議

   ジャレットさんはアメリカ出身のピアニスト、作曲家。ジャズやクラシックなどさまざまな音楽を手掛け、2003年には世界的な権威であるポーラー音楽賞を受賞している。

   この日行われたコンサートでは、ほぼ満席の2700人近い観客を相手に即興のピアノソロを披露した。しかし、コンサート中に演奏を中断して舞台の袖へと退場。フェスティバルホールによると、観客のせきやかけ声によって「集中力をそがれてしまった」と説明したという。

   その後も前列の観客がカメラを持って撮影するようなしぐさをしたり、話しかけたりすることが続く。計3、4回、最長10分強の中断があり、ジャレットさんがステージから退場し、コンサートは終了した。

   19時に開演したコンサートは予定通りの21時過ぎに終了したものの、何度かの中断を理由にチケットの払い戻しを求める人などが抗議を行った。そのうち30人ほどは日付が変わった深夜2時ごろまで会場に残って抗議をしていたという。なお、払い戻しは行われなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中