2020年 10月 20日 (火)

アバター同士の「同性愛排除」 任天堂の方針に海外ゲーマー猛反発

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   任天堂の「トモダチコレクション(トモコレ)」といえば、シリーズ累計で約550万本を売り上げている大人気ゲームソフトだ。「Mii」と呼ばれる人間型のキャラクター(アバター)が架空の島のマンションで暮らす様子を観察、操作するというものだ。

   2014年6月6日には、ついに欧米版の「Tomodachi Life(トモダチライフ)」が発売されることが決まったのだが、「同性のアバター同士を恋愛させること」ができないらしい。海外の一部ゲーマーから不満の声が上がったが、任天堂はゲームの内容を変更しないとの方針を示している。

「同性同士でも恋愛できるようにしてほしい」

「Tomodachi Life」公式サイト
「Tomodachi Life」公式サイト

   米国のニュース専門放送局「CNN」のオンライン版に14年5月8日、「任天堂のゲームは同性カップルにNOと言う」という見出しの記事が掲載された。

   トモダチライフはキャラクター同士で結婚したり、子供を持つこともできるが、同性のキャラクターでは不可能で、ネット上では「同性同士でも恋愛できるようにしてほしい」というムーブメントが起こっていると書かれている。

   任天堂の大ファンを自称する、タイ・マリーニさんというアリゾナ州在住、23歳の同性愛者の男性は、トモダチライフの発売を大いに楽しみにしていた。しかし、男性のキャラクターは女性としか恋愛できない設定だと知り、楽しみが半減したという。

   マリーニさんは14年4月、「Mii」と「平等」という意味の「equality」を合わせた造語「#Miiquality」という企画をスタートした。Facebook、ツイッター、Tumblrで「#Miiquality」というハッシュタグを付けて投稿し、任天堂に自分たちの意思を伝えようというものだ。

   ツイッターでハッシュタグ検索してみると、「同性愛のないトモダチライフって、全然リアルな生活じゃないじゃん」「テレビゲームは全ての人のためのものであるべき!」などと投稿され、盛り上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中