アンジェリーナ・ジョリー女優引退へ 今後は監督業に専念

印刷

   ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリー(38)が女優業から引退する意向を示した。Mirror Onlineが報じた。

   現地時間2014年5月9日、主演映画『マレフィセント』のイベントに出席し、そこで今後は監督業に専念するため、女優業を引退することにしたと話した。女優としてはあと1、2本の映画に出演する予定だという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中