任天堂、ゲーム設定で謝罪 同性同士で結婚できず

印刷

   任天堂米国法人は現地時間2014年5月9日、欧米で6月発売予定のゲームソフト「トモダチライフ」で、同性同士の結婚ができない設定になっていることについて、「多くの人たちを失望させたことを謝罪します」との声明を発表した。

   大幅な設計変更を伴うため、パッチ配布などでの設定変更は不可能であるとした上で、続編をつくる際には、「設計しなおす」との意向を示した。

   「トモダチライフ」は日本では「トモダチコレクション 新生活」の名称で13年4月に発売。欧米での発売決定後、同性婚要素を加えるよう運動が起きていたが、任天堂はそうした運動には左右されないとでもいうような宣言をだし、国内外で批判を浴びていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中