沈没事故めぐり米紙に韓国政府批判する広告

印刷

   米ニューヨーク・タイムズ紙は2014年5月11日付の紙面で、大型旅客船「セウォル号」沈没事故をめぐる韓国政府の対応を批判する全面広告を掲載した。広告は、「真実を明るみにせよ」「なぜ韓国人は朴槿恵(パク・クネ)大統領に怒っているのか」といった見出しを掲げ、政府の指導力のなさが救助活動の失敗につながったと非難した。また、主要メディアは「検閲によって沈黙している」と主張した。広告主は「韓国民主主義運動」を名乗る団体。在米韓国人がネット上で募金を行い、広告費をねん出した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中