「進撃の巨人」最新話に「チンコ」「セックース」 作者謝罪、「意図しない言葉が描かれた」

印刷

   別冊少年マガジン(講談社)2014年5月9日発売号に掲載された人気漫画「進撃の巨人」に、「作者が意図しない言葉」が書かれていたとして、作者の諫山創さんが14日、自身のブログで謝罪した。

   諫山さんは具体的な内容については触れていないが、インターネット上では最新話の1コマに卑猥な言葉が含まれているとして、数日前から騒ぎになっていた。

「下ネタ祭だワッショイワッショイ」

諫山氏、ブログで謝罪
諫山氏、ブログで謝罪

   ネット上で指摘されていたのは、主人公の幼馴染であるアルミンが手に持ったリヴァイ兵長の手配書だ。左上にはリヴァイ兵長の似顔絵が描かれているものの、文面部分は一見すると何が書いてあるのか分からない。だが、「…これで調査兵団は解散状態だな…」とつぶやくアルミンの暗い表情とは裏腹に、実は全く関係のない文章が書き連ねられていたのだ。

   雑誌を上下逆さにしてみると、カタカナの文章が浮かびあがる。よく目を凝らすと、

「グーチョキパーデグーチョキパ
ーデナニツクロウナニツクロウ
ミギテハチンコヒダリテハマン
コデセックースセックース」

と読み取れ、子供の手遊び歌でおなじみの「グーチョキパー」が卑猥極まりない大人の歌に仕上げられている。

   続く文章は、

「ナマムギナマゴメナマ
ソウニュウ
シモネタ
マツリダワッ
ショイ ワッショイ
スギヤマ
シメイテハイ」

と書かれているようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中