2019年 10月 16日 (水)

ロンブー淳、小保方氏を口説きたいと主張 「しょぼい恋愛しかしていない」「母性眠ったまま」と言いたい放題

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「STAP細胞」論文の発表以降、良くも悪くもすっかり時の人となってしまった理化学研究所の小保方晴子氏(30)だが、そんな彼女を「口説き落としたい」という人物がいる。お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さん(40)だ。

   2014年4月から「週刊プレイボーイ」で「天空のブランコ 田村淳の脳内両極論」と題したコラムを連載している田村さんは、5月12日発売号のテーマに小保方氏を選んだ。

「男としての本能がムクムクとわき出てしまった」

   コラムは、田村さんが設定した議題について、肯定派と否定派両面の立場に立って意見を述べる「ひとりディベート」の形式をとっている。第3回目の今回は「小保方晴子さんは是か非か」をテーマに、小保方氏が4月に開いた記者会見を検証した。

   以前からツイッターで擁護派だと発言していたとおり、ひとりディベートの結論も「擁護」となった。だがこの議論を通じ、田村さんは「擁護と否定を超えて自分の男としての本能が最終的にムクムクとわき出てしまった」と打ち明け、「ひとりの男として、小保方晴子さんを口説き落としたい」として、次のように語ったのだ。

「ぶっちゃけた話、オボちゃんって、勉強ひと筋の女の人生を歩んでいると思うわけ。それはそれで素晴らしいことだと思うんだけど、しょぼい恋愛しかしていないんじゃないかな。身も心も燃え上がるような激しい恋をいまだ経験していないように思えるんだよね」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中