2018年 7月 19日 (木)

ネット不正送金被害、すでに14億円 昨年超え過去最悪

印刷

   インターネットバンキングを利用する個人や法人のIDやパスワードが盗まれ、口座から預金が別の口座に不正に送金される事件の被害が2014年の4か月余りで、約14億1700万円にのぼり、過去最悪だった13年1年間の数字をすでに上回ったことが5月15日、警察庁の調べでわかった。集計は5月9日まで。13年の被害は約14億600万円だった。

   被害に遭った金融機関は32行から58行に拡大。そのうちの47行が地方銀行と信用金庫・信用組合だった。

   警察庁は「犯人が標的を広げており、被害はさらに膨らむ恐れがある」と警戒。全国銀行協会など金融関係の9団体に同日、対策強化を要請した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中