ポール・マッカートニー、国立競技場公演また中止

印刷

   元ビートルズのポール・マッカートニーさん(71)が体調不良のため、2014年5月17日に続き、18日、19日に開催予定だった東京・国立競技場での公演も中止した。

   発表によると、ポールさんは16日にウイルス性炎症によって体調を崩した。17日の公演を取りやめ、国立競技場での公演日程を18日、19日に組み替えたが、その後も病状は回復せず、18日に両公演の中止を決めた。

   ポールさんのマネージメント広報は「ポールは最善を尽くし、完治を目指していましたが、医師の判断により絶対安静を命じられました」と説明。ポールさんも主催者を通じ「残念ながら僕の体調は一晩では回復しませんでした。是非とも今日は元気になると期待していましたが、とても残念に思っています。今日の公演を楽しみにしてくれていたファンの皆さんに申し訳なく思います」などとコメントを寄せている。

   公式サイトによると、現在は振替公演の可能性を探っている段階で、振替・延期・中止が決まり次第発表するという。なお、5月21日の東京・日本武道館公演と24日の大阪・ヤンマースタジアム長居公演は開催する予定としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中