PC遠隔操作事件、片山被告と連絡取れず 主任弁護人が明かす

印刷

   PC遠隔操作事件で威力業務妨害などの罪に問われ、現在公判中の元会社員・片山祐輔被告(32)の主任弁護人を務める佐藤博史弁護士が2014年5月19日に開いた記者会見で、片山被告と連絡が取れなくなっていることを明らかにした。

   片山被告はこの記者会見に出席する予定だったが、現れなかった。佐藤弁護士は1人で会見に臨み、この日10時20分頃の電話を最後に連絡が取れない状態が続いていると明かした。5月16日に「真犯人」を名乗る人物から報道機関や弁護士にメールが送られたが、片山被告が送った疑いがあると一部で報じられたことで、佐藤弁護士は「報道にショックを受けてしまったのでは」と話した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中