2022年 12月 10日 (土)

「変態」どころではない「過激な性的倒錯」と誤解も 近大が英語発音「キンキ(ー)」にビビった理由

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   近畿大学(大阪府東大阪市)が、これまで「KINKI UNIVERSITY」としていた英語表記を2016年4月から「KINDAI UNIVERSITY」に変更すると発表した。「KINKI」を英語で発音した場合、「『KINKY』(風変わり)と聞こえる場合がある」として、以前から変更を検討していたという。

   ところでこの「KINKY(キンキー)」という英単語、知らないという人も多いのではないだろうか。日本ではあまり聞きなれないものだが、どうやら英語圏の人々にはかなりの「エッチな用語」として認識されているようだ。

ピーナツバター、ローソク、ホイップクリーム…

「KINKI」から「KINDAI」へ(画像は近畿大学ホームページ)
「KINKI」から「KINDAI」へ(画像は近畿大学ホームページ)

   試しに複数の辞書で「KINKY」と引いてみると、近大の説明する「風変わりな」との意味に加え、「(性的に)異常な、変態の」「性的に倒錯した」といった説明が見つかる。ある英英辞典には、スラングとして「marked by unconventional sexual preferences or behavior, as fetishism, sadomasochism, or the like(フェティシズムやサドマゾヒズムなど、型にはまらない性的嗜好や性行動を表す)」という、より具体的な説明があった。

   実際に英語圏で暮らしていた日本人にイメージを聞いてみると、

「『エロ』の中でも相当どぎつい表現という気がしますね。『変態』というとまだ冗談の範囲で使われる気もしますが、kinkyだとちょっとシャレにならないというか、マニアックなエロというか…」(米在住歴のある会社員)
「個人的にはあまり聞いたことはないですが、ピーナッツバターを使ったり、ローソクを使ったりする性行為を『kinky sex』と言うと教えてもらったことがあります」(米留学経験のある男性)

と苦笑した。

   「もともとは『アブノーマルな性行為』という意味で、ホイップクリームを使ったり、フルーツをつかったり…その手のタイプの人間にはたまらないだろうね。 だけど普段はジョークとして使われるケースがほとんどで、本来の意味で使われことはあまりないよ」と説明するのは、あるアメリカ人男性(25)だ。

   具体的な使用シーンについて尋ねると、

「たとえば、女性の発言を男性が勝手に性的なジョークとして捉えて、あげ足をとるような時に使うよ。『あなたの剥いたバナナが食べたいわ』と言った女性に、男性が「wow! That's kinky! Hahaha!」と返すようにね」

と丁寧に解説してくれた。

姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中