遠足中止求める手紙出したJTB中部元社員に罰金50万円

印刷

   岐阜県立東濃高校の遠足バスを手配することを忘れたミスを隠すため、生徒を装って遠足中止を求める手紙を出したとして偽計業務妨害の疑いで逮捕されていたJTB中部多治見支店の社員だった男(30)について、御嵩区検は2014年5月26日、偽計業務妨害罪で略式起訴した。御嵩簡裁は同日、罰金50万円の略式命令を出し、男は即日納付した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中