2018年 6月 21日 (木)

ポール公演の払い戻しでセブン-イレブンが悲鳴 高額チケットだらけで現金足りず…

印刷

   ポール・マッカートニーさん(71)が体調を崩したことにより、2014年5月の来日公演は「幻のコンサート」となってしまった。22日からはチケットの払い戻し受付がスタートし、コンビニエンスストアで発券したファンらは大切にしていたチケットを手に、続々と発券店舗へ足を運んでいる。

   ところが、購入者がいざ払い戻しをしようとすると断られてしまうケースが発生しているようだ。理由は「現金不足」。複数のセブン-イレブン店舗で起きているという。

店主による手書きの案内も

現金不足で対応できない場合も(画像は千代田区内の店舗)
現金不足で対応できない場合も(画像は千代田区内の店舗)
「全公演中止の為、チケット代金は払戻を致しますが、現在、現金不足の為、当店にて出来ません。大変申し訳ございませんが、御相談させて頂き、払戻可能な日時を決めさせて頂きます」
「店舗での払い戻しは、チケットが高単価のため、御返金を承れない可能性がございます。お客様にはご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんが、『郵送での払い戻し』お手続きへのご協力をお願い申し上げます」

   26日に都内のセブン-イレブンを何店舗か回ってみると、入り口やレジ前に上記のような掲示があった。中には店主が急きょ作ったと思われる手書きの張り紙もあり、払い戻しラッシュに頭を悩ませている様子がうかがえた。

   今回の公演チケットは各プレイガイドが販売していて、複数のプレイガイドがセブン-イレブン店頭で発券できるようにしていた。公演の払い戻し自体は珍しいことではないが、こうした状況になってしまった原因は「高額チケット」にある。

   ポールさんの来日4公演、特に武道館公演は「高額席」のオンパレードだった。アリーナ席10万円を筆頭に、S席 8万円、A席6万円、B席でも4万円と、国内アーティストの一般的な公演とはかけ離れた料金だった。2日間予定されていた国立競技場公演のチケットは、武道館と比べるとかなり低価格だが、それでも最も安いB席で1万3500円、A席では1万7500円、S席は1万7500円だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中