2018年 7月 23日 (月)

ノコギリ男からAKB守ったのはアルバイト男性だった 「勇敢な人」「使命感すごい」とファン感激

印刷

   AKB48の握手会でノコギリ状の刃物を持った男がメンバーを切りつけた事件で、アルバイトの男性スタッフが勇敢に身を挺したことで「被害を最小限に食いとどめていた」と、日刊スポーツが報じた。

   凶器に素手で立ち向かったとされていて、男性の行動についてファンからは「バイトなのに偉い」と称賛されている。

イベント制作会社のアルバイト

   2014年5月25日に岩手県内で行われた握手会で、無職の男(24)が川栄李奈さん(19)と入山杏奈さん(18)に襲いかかった。新聞各社の報道によると、会場内に設営されたテントに客が列を作りメンバー数人と握手する形式で、入口近くにいた川栄さん、入山さんという順で被害にあった。容疑者はテントに入った途端、長さ50センチの折り畳み式のノコギリを振り回したという。

   AKB48グループカスタマーセンター長の戸賀崎智信氏はGoogle+で

「手荷物を何も持っていない犯人が突然、入山、川栄の前で凶器をジャンパーの内側から取り出し、2人に切りつけました。そばにいたスタッフが犯人が振りかざした凶器を素手でつかみ、メンバーを守ろうとしましたが、犯人はそれを振り払い、川栄、入山を襲いました」

   と事件の詳細を報告している。

   結果としてメンバー2人は負傷したが、日刊スポーツの記事によると、男性スタッフ(20)の行動によって「周囲にいた別の警備員やスタッフが騒ぎに気づき、取り押さえることができた」。男性スタッフは仙台市在住のフリーターで、東北地方のコンサートなどを手掛けるイベント制作会社のアルバイトとして現場にいたそうだ。

AKB総支配人「勇敢さに心から感謝しています」

   総支配人の茅野しのぶ氏は27日、

「入山、川栄の二人を身を挺して守って下さった会場整理の男性スタッフも無事に退院出来、自宅療養になったと聞き安心致しました。彼が一瞬の判断で入山、川栄を守って頂けた事は誰にでも出来た事ではなく、その勇敢さに心から感謝しています」

   とブログでコメントを出した。

   2ちゃんねるの「地下アイドル」板でも

「バイトなのにその使命感凄いな」
「素手で刃物掴むなんてすごい 勇敢な人だ」
「首を切られてたかもしれんしな ほんと命の恩人」
「素手はすごい 咄嗟だったとしても神がかり 神7の称号与えてもいいくらい」

   などの書き込みがされている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中