任天堂がゲーム動画の広告収入をユーザーにも分配

印刷

   任天堂は動画投稿サイト「ユーチューブ」に同社のゲームのプレー動画などをユーザーが投稿した場合、広告収入の一部を受け取れる「アフィリエイトプログラム」を導入すると2014年5月27日に発表した。

   これまでも同社は不適切なものを除き「ユーチューブ」上に同社の著作物を含む映像をアップすることを許諾していて、その動画に広告を「ユーチューブ」を運営するGoogleと組んで掲載することがあり、広告収益はこの2社で分配していた。今回発表した「アフィリエイトプログラム」では、その広告収入の一部を動画をアップしたユーザーにも分配するというもの。詳細は後日に発表するとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中