75歳からの年金受給、86.9歳で65歳と同額に 厚労省試算

印刷

   公的年金の受給を個人の選択で75歳まで遅らせた場合、年金の損得がどうなるかの試算を厚生労働省がまとめ、2014年5月28日の衆議院厚生労働委員会の理事会に示した。年金受給を75歳に遅らせた場合、65歳からの受給と年金の総額が同じになるのは86.9歳になる。

   現行制度では原則65歳となっている年金の受け取りを1か月遅らせると、年金額が0.7%増える。70歳まで遅らせることが可能だが、田村憲久厚労相は75歳まで延ばすことを検討するとしていた。

   試算は物価などの影響を除いて、現行制度を前提に機械的に計算した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中