日本維新の会、橋下・石原両共同代表が分党表明

印刷

   日本維新の会は2014年5月29日、橋下徹、石原慎太郎両共同代表が会見して分党することを明らかにした。

   その理由としては、結いの党との合併を巡って両氏が対立していることがあるという。石原氏が自主憲法制定を主張しているのに対し、結いの党の江田憲司代表はその政策盛り込みに反対している。

   橋下氏は会見で、「けんか別れではない」としたものの、「石原さんの決意が固かった」と説明した。一方、石原氏は、「結いの党との合体は選択の方向が違い、合点がいかない」と持論を述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中