2019年 5月 26日 (日)

セカイノオワリSaoriが「殺気だってる」と激怒 ラルクも参加したコンサートで何が…

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   人気ロックバンド「SEKAI NO OWARI(セカイノオワリ)」の女性メンバーSaoriさん(27)がツイッターでいきなり「殺気だってる」などと怒りを露わにした。唐突な発言だったため、彼女の身に何が起こったのかとネットが騒然となった。

   この日は国立競技場最後の音楽イベント「JAPAN NIGHT」に出演していたため、コンサートで何かが起きたためといった憶測が飛んだ。

演奏中に、多くの観客に座られてしまった

セカイノオワリSaoriさんの問題のツイート
セカイノオワリSaoriさんの問題のツイート

   Saoriさんはバンドのキーボードと、ステージプロデュース、作詞作曲を担当している。美人でも知られるSaoriさんは2014年5月29日にツイッターで、

「殺気だってる。オリコン一位取っても、国立競技場でライブしても、こんな気分になるのか」
「こんな夜は、なんて叫んだらいいの。結果に出せないなら、なかったことと同じ。努力賞なんか要らない」

とつぶやいた。何に怒りを露わにしたのかは分からないが、つぶやいた内容から、この日に行われたコンサートイベント「JAPAN NIGHT」に関係していると推測した人が大勢いたようだ。

   このイベントは音楽で日本に活力を与えることを目的としていて、今回は建て替えられる国立競技場に感謝の意を示すとともに2020年開催の東京オリンピックにエールを送ろうという目的も持っていた。

   29日に出演したのはロックバンドの「L'Arc-en-Ciel(ラルクアンシエル)」とセカイそして、「Perfume(パフューム)」、「MAN WITH A MISSION(マン ウィズ ア ミッション)」で、観客は6万人を集めた。ラルクはどんな大きな会場でもチケットが一瞬でソールドアウトする大人気バンド。イベントライブに出演するのは珍しいため、観客の大半はラルクファンで埋め尽くされるのではないか、と予想されていた。

   ライブでは観客全員が立ち上がり声援を送った。しかし、なぜかセカイだけが演奏中に、多くの観客に座られてしまったのだという。

「座り出したのはラルクファン。本来はフェスでは満遍なくどのアーティストとフォローするのが暗黙の了解でマナーなのに」
「セカオワファンすら凹んでたぞあれ」
「他のジャンルのバンドの曲が聞きたくないならフェスに行くなという話だ。悪いけど観客のレベルが下がってる」

などといったラルクファンに対する批判がネットで起こった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中