2018年 6月 20日 (水)

冷夏のはずなのに連日猛暑とは 森朗、蓬莱、天達…「気象予報士」、テレビで叩かれまくる

印刷

   梅雨入り前から早くも猛暑日が続いている。2014年6月1日は全国404地点で最高気温が30度以上の真夏日に、27地点で35度以上の猛暑日となった。東京都心では、6月上旬までに3日連続で真夏日となるのは実に27年ぶりだという。

   連日の暑さを受け、きまりの悪いのが気象予報士たちだ。これまで「今年は冷夏」「北冷西暑は夏になってから」などと伝えていただけに、いくつかの情報番組では「予報ミス」として追及されてしまう一幕もあった。

恵俊彰「北冷じゃないじゃないですか、全然!」

気象庁が発表した6~8月の天候予報(画像は気象庁公式サイトのスクリーンショット)
気象庁が発表した6~8月の天候予報(画像は気象庁公式サイトのスクリーンショット)

   2日放送の「ひるおび」(TBS系)では、司会の恵俊彰さんが気象予報士の森朗さんを突っついた。恵さんは「先週(30日)、森さんこう言ってたんですよ…」と言いながらおもむろにフリップボードを取り出した。

   そこには、北海道で33.7度を観測した際の「北冷西暑は夏になってから」という森さんのコメントが書かれ、恵さんは相変わらず続く暑さに「北冷じゃないじゃないですか、全然!」と訴えた。これに森さんは「たまたま今北海道は暑いですけど、長続きしないと思います」と釈明し、今後は予想通り「北冷になると思います」として今後の予想を解説した。

   司会者からの追及が「バトル」に発展してしまった番組もあった。2日放送の「ミヤネ屋」(日本テレビ系)では、司会の宮根誠司さんが気象予報士の蓬莱大介さんを徹底的に追及した。宮根さんは前日出演した「Mr.サンデー」(フジテレビ系)内で「今年はエルニーニョ現象で冷夏だと日本全国の気象予報士が言っていた。明日僕は蓬莱さんを怒らなきゃいけない」と話していたことから、予告通り、話を振ったというわけだ。

   だが、蓬莱さんは「僕は言ってないですよ!」と反論。宮根さんは「言うたいうねん!一回VTRで検証しましょうか、絶対言うてますからあなた」と引かず、蓬莱さんも「全然僕はお付き合いしますよ」と譲らない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中