2018年 8月 14日 (火)

スタジオアルタ 「いいとも!」終了で赤字見通し

印刷

   テレビ番組制作などを手がけるスタジオアルタ(東京・新宿)が、2015年3月期に営業赤字となる見通しになった。同社のスタジオで収録が行われていたバラエティー番組「笑っていいとも!」(フジテレビ系)が3月に終了したことで、使用料収入がなくなったことが影響したとみられる。

   親会社である三越伊勢丹ホールディングスが14年5月に発表した決算資料によると、スタジオアルタの今期の売上高は前期比14%減の13億9300万円で、営業損益は1億7900万円の赤字(前年同期は4800万円の黒字)となると予想されている。

   スタジオアルタは1980年に設立され、現在は三越伊勢丹ホールディングスが6割、フジ・メディア・ホールディングスが4割を出資している。「笑っていいとも!」は設立から2年後の82年にスタートし、長きにわたって同社の収益を支えていた。同社は今後、新宿や渋谷にある外壁大型ビジョン「アルタビジョン」を使った広告などに注力するとみられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中