維新の会所属議員の行き先決まる 橋下系37人、石原系23人

印刷

   「分党」が決まった日本維新の会の所属議員62人の行き先が2014年6月5日、確定した。執行部が議員に対して同日までに意思表示を求めていた。橋下徹共同代表らの新党には37人(衆院31人、参院6人)、石原慎太郎共同代表らの新党には23人(衆院20人、参院3人)がそれぞれ参加。残る2人が無所属になる。両新党は7月にも発足し、橋下氏の党は7月にも結いの党と合流する見通し。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中