2020年 5月 30日 (土)

84年の人生を全うした「明雄さん」 DASH村を支えたのはその開拓者魂だった!

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「(DASH村がなければ)おカアちゃんが死んだとき(2001年)におれも死んだろうな」。2014年6月6日、84歳で亡くなった三瓶明雄さんは、「ザ!鉄腕DASH!!」の今村司プロデューサー(当時)にこう話していたという。

   福島県の一農家だった「明雄さん」が人々に知られるようになったのは、2000年のことだ。

テレビに自分が映っていてびっくり

   福島県浪江町の一角に「DASH村」を一から作るという企画のため、近所に住んでいたことから農作業などの指導役として招かれた。

   明雄さんの聞き書きを収めた『DASH村からワシが伝えたかったこと』によれば、本人は当初あくまで裏方のつもりで、「撮影のじゃまにならないように」アドバイスを行っていたという。ところが放映された番組を見てみると、「農業指導 三瓶明雄さん」のテロップ付きで、自分の姿がでかでかと映っていた。

   これには当然びっくりしたし、急に有名人になったことに戸惑いもした。また企画が始まって間もない2001年には、40年余り連れ添った愛妻・アキエさんを亡くしている。しかし明雄さんは、TOKIOを初めとする若い「村人」たちに、世代を超えてこれまでの体験を伝えることに喜びを見出した。それとともに、「幸せ者だなと、思えるようになった」「見知らぬ人に応援していただく幸せは、今まで考えもつかなかった」と、境遇の変化を前向きに受け止めていったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中