東武北千住駅で天井が落下 重さ5.8キロの石こうボード

印刷

   東武鉄道は2014年6月9日、スカイツリーラインの北千住駅で天井が落下する事故があったと発表した。落下したのは高さ4.7メートルの地下自由通路の天井の一部。石こうボードの一部(縦60センチ、横90センチ、厚さ2.4センチ、重さ5.8キロ)が落下しているのを利用者が発見し、駅員に通報した。けが人はいなかった。

   大雨で天井に雨水が流れ込んだことが原因だとみられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中