ガソリン価格が7週連続で値上がり

印刷

   資源エネルギー庁は2014年6月9日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は166円60銭だったと発表した。7週連続で上昇している。ガソリンの卸価格は前回の6月2日の調査からは横ばいだが小売価格が60銭高くなっている。

   ハイオクは前回より60銭値上がりし177円40銭となり、軽油は50銭値上がりし144円80銭で、いずれも8週連続で上昇している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中