2018年 11月 14日 (水)

NHK出身の草野仁、徳光和夫のアナウンス技術に辛口 「ニュース読みとして、特に卓越していらしゃったとは…」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   フリーアナウンサーとして活躍している草野仁さん(70)が、同じくフリーアナウンサー、徳光和夫さん(73)のニュース読みにおけるアナウンス技術に「辛口評価」を下した。

   ゲスト出演した2014年6月11日放送のラジオ番組「小島慶子&ミッツ・マングローブのオールナイトニッポンGOLD」の中で発言した。

ミッツのアナウンス技術を高評価

   番組では、リスナーから届いた「身の回りで起きた事件」についてのメールをニュース風に紹介するという企画を行った。パーソナリティを務めている元TBSアナウンサーの小島慶子さん(41)と女装家のミッツ・マングローブさん(39)、そして草野さんが順番にニュースを読み上げていった。

   その中で草野さんは、ミッツさんのアナウンス技術を初回から高く評価した。部分的に感情移入することなく、ちょうどいい速度で読むことができ、加えて鼻濁音が身についていることや、句読点の間の置き方が自然であることなどを指摘し、「素質が素晴らしい」と絶賛しきりだった。

   その流れで小島さんが「おじさんのやっぱりこうね、家系で…」と、ミッツさんの伯父である徳光さんについて触れると、ミッツさんは「うちの伯父っていうのは、ニュースは上手なほうだっけ?あんまり原稿を読んでるっていう記憶がない。実況とかしてるイメージはすごいあるんですけど…」と話した。

   そこで小島さんは「徳光さんのニュースは、上手だったんですかね?」と単刀直入に質問。すると草野さんは「…えーっと、ニュース読みとして、特に卓越していらしゃったとは…」と、苦笑しつつも正直な感想を口にした。

   この「辛口評価」に小島さんは大笑い。ミッツさんも「そりゃそうだよ!プロレス実況で家建てた人がニュースうまいわけないわよ」と頷いた。草野さんは、徳光さんから可愛がってもらっているとも話していて、旅番組も一緒にやっている仲なだけに「もし聞いていらしたら、来週の仕事、一緒にちょっとやりづらいですね」と笑っていた。

「話し方を教わりたい」トップは草野 徳光は5位

   現在では、ともにベテランアナウンサーとして知られる2人だが、草野さんはNHK出身、徳光さんは日本テレビ出身だ。

   徳光さんは入社後すぐにプロレス中継の担当となり、長らく実況アナウンサーを務めてきた。とあるインタビューでは「僕は新入社員の頃に、当時の国家予算が『5兆円』だったのを『5円』と読んで、ニュースはクビになったんです。(笑)」というエピソードも明かしている。

   ニュース読みの経験は「NNNニュースプラス1」以外には目立ったものはないようで、現在はバラエティ番組の司会を中心に活躍している。そうした実績からも「ニュースを分かりやすく読み伝える」技術が「卓越していない」という点は、徳光さん自身も自覚しているところかもしれない。

   ちなみにポータルサイト「goo」が実施した「話し方を教わりたいベテラン男性アナウンサーランキング」(2008年)では1位に草野さんがランクイン。2位はTBS出身の鈴木史朗さん、3位は同じくTBS出身の久米宏さんと続き、徳光さんは5位に選ばれていた。

   なお、11日のラジオで草野さんは「やっぱり日常生活の言葉づかいが即仕事に結びついていくので」として、アナウンサーになってからは普段の言葉も仕事場で通用するものに変化していったと語った。これを聞いたミッツさんは、

「人によると思うよ。うちの伯父なんて全然違いますね。全然泣かないしね」
「基本悪態ついてますよ。あれがスイッチ切り替わるとさすがだなぁと思いますけどね」

などと話し、徳光さんとの違いに驚いている様子だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
【プレゼント企画実施中】秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中