2019年 1月 17日 (木)

ヘッドホン着ける女性は「音楽通ぶってる」  ZIP特集に「偏見だ!」と怒りの声

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「ゴツい」イメージが強かったヘッドホンが、今女性の間で流行しているらしい。ヘッドホンを愛用している女性に対し、「ヘッドホン女子」という呼称まで生まれている。

   そんなヘッドホン女子がテレビ番組で特集されたのだが、「個性をアピールしている」「音楽通なフリをしている」などと言われ、ネット上では世のヘッドホン女子が「バカにしないで!」と怒りの声を上げている。

「個性アピール」「一人でも楽しんでるアピール」ができる!?

ヘッドホンは「カワイイ」と話題だが…(画像はイメージ)
ヘッドホンは「カワイイ」と話題だが…(画像はイメージ)

   「ヘッドホン女子」を取り上げたのは、日本テレビ系の情報番組「ZIP!」内のコーナー「アレナニ?」2014年6月13日放送回でのことだ。

   博報堂ブランドデザイン 若者研究所リーダーの原田曜平さんの解説によると、家電量販店でのヘッドホンの販売状況は、09年度から13年度にかけて数量はさほど変わっていないが、販売額は2割ほど増えている。消費者の「高級ヘッドホン」志向が高まっているそうだ。

   人気の火付け役は「Beats by Dr. Dre」というメーカーで、レディー・ガガさんやジャスティン・ビーバーさん、サッカーのネイマール選手など、海外の有名人が愛用していることで、日本女性の間でもブームになったという。

   ZIP!出演陣の女性にもヘッドホン愛好者は多く、金曜日レギュラーの鈴木杏樹さんは「耳に入れる(イヤホン)よりヘッドホンの方がかわいいなっていうのはあります。あと、楽だし。首にかけたり頭に着けたり」。Beatsのヘッドホンを使っているというZIP!ファミリーの堀田茜さんは「Beatsは他のヘッドホンと比べてデザインがスマートでシンプル。ファッションにこなれ感が出る」と、各々良さを語っていた。

   原田さんは「ヘッドホン女子」について、「私オシャレです」という「個性をアピール」、今時の若者は同調志向が強いが「私一人でも楽しめる強い女の子です」という「一人でも楽しんでるアピール」、また「音楽通なフリができる」という理由でヘッドホンを愛用している、とまとめた。スタジオでは爆笑が起こり、女性陣からは「わかる!わかる!」と賛同されていた。

「カナル型イヤホンが苦手」「音漏れが気にならない」との理由も

   番組では大いに盛り上がっていたが、女性視聴者からは反感を買ったようだ。

   放送中、ネット上では、

「ヘッドホン女子って何だよ。これからヘッドホン使いにくいわ!」
「普通に音漏れが嫌で使ってる私が付けづらいじゃないか!」
「別に自分の家で個性をアピールしてないし1人でも楽しんでるアピールしてないし音楽通なフリもしてないわ」
「ファッション感覚だの音楽通のフリするとかだの偏見もたせるような言い方やめてほしいなぁ…真面目に聴いてる人もいるわけだし」

など、放送内容への疑問や怒りの声が相次いで書き込まれた。

   外出時もヘッドホンで音楽を聞くことがあるという20代女性は、「カナル型イヤホン(編注:耳栓型で、耳の穴の中にねじこむようにして装着するイヤホン)はすぐ外れてしまって苦手だし、ヘッドホンならあまり音量を上げなくてもよく聞こえて音漏れも気にならない」と、ヘッドホンを愛用する理由を話していた。特にファッション感覚で使っているということはないそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中