ゲーム販売台数 ソニーが任天堂越え

印刷

   アメリカの調査会社「Statista(スタティスタ)」は2014年6月11日、ゲーム機大手3社の販売台数の比較データを発表した。家庭用ゲーム機と携帯型ゲーム機をあわせたデータで、ソニーが1870万台でトップ、任天堂が1630万台、マイクロソフトが1150万台となった。

   11年から13年のデータでは、任天堂が1位、ソニーが2位、マイクロソフトが3位となっていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中