女性合格者が最多の399人 国家公務員総合職

印刷

   人事院は2014年6月23日、14年度の国家公務員採用試験で、キャリア官僚として中央省庁の政策の企画・立案を担う総合職に、前年度比165人増の1918人が合格したと発表した。合格者数は2年連続増。このうち女性合格者は57人増の399人で、13年度に続き過去最多となった。

   合格者全体に占める女性の割合は1.3ポイント増の20.8%で、過去最高だった12年度の22.9%に次ぐ水準。

   総合職の応募者は1201人減の2万1047人で競争率は11.0倍。前年度の12.7倍を下回った。試験の方式が違うなど、単純比較はできないが、10.4倍だった1961年度の上級(甲種)試験以来の低倍率となった。

   合格者の出身大学は、東京大学が438人でトップ。以下、京都大学160人、早稲田大学140人、慶応大学92人などの順になっている。7割を国公立大学の出身者が占めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中