パソコン出荷台数、5月は23%増 「XP」サポート終了で

印刷

   電子情報技術産業協会(JEITA)は2014年6月23日、5月の国内パソコンの出荷台数が前年同月比23.2%増の87万5000台だったと発表した。13年10月以降、8か月連続で2ケタ台の増加。マイクロソフトの基本ソフト「ウィンドウズXP」がサポート終了になったことで、パソコンの買い替えが続いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中