2018年 6月 19日 (火)

ザッケローニ監督、去就明言せず W杯は敗退

印刷

   サッカー日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督は2014年6月25日、ワールドカップ(W杯)ブラジル大会でのグループステージ敗退を受け会見したが、自身の去就については明言しなかった。

   「日本に帰ってから、とどまるか去るかを(日本サッカー協会の)幹部と話し合う」と述べるにとどめた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中